【2022年ツーソンジェムショー向け】知っておくべきことのまとめ

このページでは、2022年1月から2月にかけて開催予定のツーソンミネラルショーへ行く人向けの記事をまとめています。

渡航計画時、行くと決めた場合、日本帰国時などで知っておくべきことをまとめたので、だいたいは把握できると思います。

掲載情報は2021年8月時点のものですが、随時情報を更新予定ですので、こまめにチェックしてください。(最新情報はページ下部にあり)

渡航計画時に知っておきたいこと

2022年のツーソンミネラルショーに行く前に知っておきたいことを紹介します。

行きも、帰りも検査証明書が必要

2021年8月時点、日本からアメリカ、アメリカから日本、いずれにおいても、コロナ陰性を証明する「検査証明書」が必要です。

検査証明書の取得には手間とコストがかかるので注意して下さい。

日本国内での相場は、PCR検査と検査証明書がセットでひとりあたり30,000円から40,000円程度です。

アメリカでもPCR検査と検査証明書がセットで$300くらいなので、日本と同じくらいと考えて良いでしょう。(検査は安いところもあるが証明書が取得しにくい)

日本での取得は容易ですが、アメリカで取得するのは非常に大変ですので、無理そうなら渡航は控えましょう。

検査証明書については日本へ帰国時に絶対必要な「検査証明書」とは?で詳しくまとめています。

日本へ帰国時に絶対必要な「検査証明書」とは?
コロナ禍における日本帰国時に必要な「検査証明書」について詳しく解説しています。検査証明書の要件や取得方法、注意点などがあります。
2022年のツーソンミネラルショーでは、アメリカ国内で検査証明書を手配できるかがポイントです。
検査証明書を巡るトラブルについては【日本経済新聞より引用】邦人、帰国時のトラブル続出 陰性証明あるのに搭乗拒否を読んでみてください。
【日本経済新聞より引用】邦人、帰国時のトラブル続出 陰性証明あるのに搭乗拒否
コロナ禍で海外から日本へ帰国する際に起きているトラブルを日本経済新聞が指摘している記事です。渡航を検討中の方に有益な情報です。

行くと決めた人が知っておきたいこと

2022年のツーソンミネラルショーに行くと決めた人は以下のことを知っておくと良いでしょう。

日本国内での準備

2021年8月時点、アメリカ政府は入国者に対して以下ふたつを要件として定めています。

アメリカ政府は入国者に対してワクチン接種を義務付けることで調整中と報道されていますので続報に注意してください。(2021年8月6日時点の情報)

アメリカへ行く際のことは【日本→アメリカ】準備すべきものや注意点は?現地でやるべきことを参考にしてください。

【日本→アメリカ】準備すべきものや注意点は?現地でやるべきこと
コロナ禍に日本からアメリカへ渡航する人が知っておくべきことや注意点をまとめています。このページでは準備すべきものや注意点を確認できます。

アメリカから日本へ帰国する際に知っておきたいこと

日本へ帰国する際に知っておきたいことを紹介します。

2022年のツーソンミネラルショーは、帰国することが最も大変ですので注意してください。

日本の要件が異常に厳しい

2021年8月時点、日本政府は入国者(帰国者)に対して以下の要件を定めています。

  • 検査証明書の提示
  • 誓約書の提出
  • 質問票の提出
  • 監視用アプリの実装
  • 到着後3日間の強制隔離措置(アリゾナ州が対象)
  • 14日間の待機期間

アメリカから帰国する際のことは【アメリカ→日本】帰国時の流れや自主隔離、コロナの影響は?を参考にしてください。

【アメリカ→日本】帰国時の流れや自主隔離、コロナの影響は?
コロナの影響下で、アメリカから日本へ帰国する際の実体験(2021年7月時点)を紹介しています。準備するもの、注意点、隔離の様子などが分かります。

到着空港での流れ

日本の空港に到着すると以下のことに対応しなければいけません。

所要時間は3-4時間かかりますので覚悟しましょう。

  1. 提出書類の事前チェックおよび本人確認
  2. コロナ検査
  3. アプリ実装の確認および説明
  4. 待機(結果待ち)
  5. 入国審査
  6. 手荷物ピックアップ
  7. 税関検査
  8. 解放

日本の空港に到着してからの流れについて詳細を【2021年7月の実体験】コロナ帰国の空港での流れやヒントにまとめています。

【2021年7月の実体験】コロナ帰国の空港での流れやヒント
2021年7月にコロナ帰国を体験した際の詳細をまとめています。空港での流れ、タイムライン、準備すべきもの、うまく過ごすヒントなどがあります。

帰国後にしなければいけないこと

帰国してからも大変です。

3日間の強制隔離

2021年8月時点、アリゾナ州に滞在していた人が日本へ帰国する場合、日本の空港到着後に3日間の隔離が義務付けられています。

この措置を空港到着後に初めて知る人が多いので注意してください。

また、空港の検査で陰性であったとしても強制的に隔離されます。

強制的な隔離の詳細は変異株の水際対策強化で3日間強制隔離された時の様子を参考にしてください。

変異株の水際対策強化で3日間強制隔離された時の様子
このページでは変異株による水際対策強化で実施されている強制隔離の実体験を紹介しています。(2021年7月1日時点の情報)
2022年のツーソンジェムショー開催時には、この措置は解除される可能性もあるので、最新情報をチェックしてください。

14日間の待機期間

3日間の強制隔離終了後、11日間は自主隔離期間です。

入国時に提出した住所で過ごす必要があり、11日間はあなたのスマートフォンのGPS機能を使って監視されます。

また、不定期に現在位置情報を申告させられ、ビデオ電話や電話がかかってきます。

待機期間については【実体験】14日間の待機期間とは?罰則は?やってはいけないことをご覧ください。

【実体験】14日間の待機期間とは?罰則は?やってはいけないこと
海外から日本へ入国(帰国)した際の「14日間の待機期間」についてまとめています。罰則、ルール、やってはいけないこと、体験談などがあります。

2021年8月時点、厚生労働省はワクチン接種者であっても「前例がないため」14日間の隔離期間は短縮しないとしています。

厚生労働省の見解については【日本経済新聞より引用】入国後14日隔離、接種で短縮「前例なし」 厚労省が慎重をご覧ください。

【日本経済新聞より引用】入国後14日隔離、接種で短縮「前例なし」 厚労省が慎重
ワクチン接種者も日本帰国後に14日間の自主隔離が続きそうという記事です。渡航を検討中の方に有益な情報です。

【最新版】お役立ち情報一覧

2022年のツーソンミネラルショーに向けて、日本とアメリカの最新情報をまとめています。(随時更新中)

09/16/2021:【ロイター】米、海外からの渡航者に新規則 接触追跡やワクチン義務化を検討

09/09/2021:【NHK】入国者の待機期間 ワクチン接種で14日間から10日間に短縮検討

08/06/2021:【日本経済新聞】外国人入国にワクチン義務化「強く検討」 米報道官

08/05/2021:【厚生労働省】海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

08/02/2021:【厚生労働省】水際対策強化措置に係る国・地域の指定について

07/30/2021:【日本経済新聞】「接種者もマスク着けて」 米指針めぐり混乱、反発も

問合せ先一覧

困りごとは以下に連絡するといいですよ。

当サイトでは対応致しかねます、ごめんなさい。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口

渡航時に不明点があればまずはここに質問しましょう。

規制の状況、規制の詳細、検査証明書、隔離について諸々に対応してくれます。

海外から:03-3595-2176

日本から:0120-565-653

厚生労働省 成田空港検疫所

入国時の検疫に関する質問はこちらにしましょう。

0476-34-2310

在ロサンゼルス日本国総領事館

アメリカ国内で困ったらここに電話してみましょう。

在ロサンゼルス日本国総領事館

+1-213-617-6700

まとめ

このように、コロナの影響で日本とアメリカの往来は大変です。

2021年8月時点、アメリカに行くのは比較的容易ですが、日本に帰ってくるのが非常に大変です。

「ツーソンは慣れているから」とか「行ってみたいから」とか「ワクチン打ったから」と、安易な気持ちで渡航すると大変な目に遭いますので慎重になってください。

2022年のツーソンジェムショーのスケジュールはツーソンジェムショー 2022会場別スケジュール一覧をご覧ください。

ツーソンジェムショー 2022会場別スケジュール一覧
このページでは2022年のツーソンジェムショーの会場別スケジュールを一覧表にまとめています。
タイトルとURLをコピーしました